コンテンツにスキップ

9. 文章

名詞または代名詞の主語

通常、文は主語と述語で構成されます。 最も単純な文では主語は名詞または代名詞であり、述語は形容詞または名詞です。

mi hau. – 私は元気です。
da nova. – それは新しい/新品です。
da Sara. – 彼女はサラです。

Verbal predicative clause

主語は名詞だったら、繋辞の動詞の e は必要です。

Sara e hau. – サラは元気です。
seku e dai. – この石は大きい。
meza e nova. – このテーブルは新しい/新品です。

Negating the complement

no が追加されると否定文になります。

mi no hau. ~ mi no e hau. – 私は気分が優れません。 (訳注:「元気がない」では不自然)
da no nova. ~ da no e nova. – それは新しくない/新品ではない。
da no Sara. ~ da no e Sara. – 彼女はサラ(人の名前)ではありません。

形容詞と主語

同じ事が2つの形容詞または動詞にも言えます。

jun – mei. ~ jun e mei.若いことは美しい。
nova no lau. ~ nova no e lau.新しいもの/新品は古くありません。
gani – hau. ~ gani e hau. – 歌うことは良いです。

動文

述語は動詞を使えます。それから目的語もあることはできます。

次の文はSVO順です。

mi yam yo aple. – 私はリンゴを食べます
mi visi tu. – 私はあなたを見ます

語順を変わるために受動的な機能語を使うことはできます。

tu be visi mi. – あなたは私に見られます
ban be bake. – パンが焼かれます

行動を起こす側は前置詞 de の有無に関わらず動詞の後に言及できます。 (訳注:まだ前置詞の解説はしていないので、この部分は飛ばして後で戻ってきてください)

依存文

基本的な依存文(SVOVO)

依存文の語順は次の通りです:
S(主語)-V1(動詞)-O1(目的語)-V2(動詞)-O2(目的語)

O1には2つの役割があります。 V1の対象であり、V2のS(主語)でもあります。

mi vol tu yam yo fito. – 私はあなたが野菜を食べることを望みます/要求します。

上の例では mi vol の目的語は tu です。 同時に tu は次の述語 yam yo fito の主語として機能しています。 つまり tu は文全体の依存語となります。

代名詞の省略

特定の文では簡潔にするために代名詞は省略されます。 これは特に命令文と要求文で行われます。

mi sual tu basha pandunia. – パンドゥニアを話せますか。
sual tu basha pandunia? – パンドゥニアを話せますか。

mi ching tu lai dom. – 帰ってきてくれませんか。
ching lai dom! – 帰ってきてください!

連続動詞

次の文には動詞が複数使われているものがありますが、 それらは全て同じ主題を対象としています。

  1. mi go a dom. – 私は家に帰ります
  2. mi bil go a dom. – 私は家に帰ることができます
  3. mi vol bil go a dom. – 私は家に帰ることができることを望みます。 (=私は家に帰りたいです)

観察

観察は最も単純な文構成です。 聞き手が注目する1つの単語のみで構成されていることがあります。

mau! – 猫だ!
barsha! – 雨が降っている!